成人病に掛からないために、自分で行なう努力がある

血液サラサラで健康体

血液サラサラにするために

血液サラサラを目指すのは、動脈硬化を防ぐ意味で非常に効果的です。ドロドロの血液は動脈硬化を招きますが、血管が老化した上に、ドロドロした濃い血液が流れると、あるとき突然心筋梗塞や脳卒中を起こします。運がよければ助かりますが、後遺症が残ることも少なくありません。 血液サラサラにするためには、どうするべきなのでしょうか。それは水をたくさん飲むことです。1日に2Lは飲みましょう。そして薄い汗をかくようにしましょう。また食品から血液サラサラを目指すのも効果的です。 納豆、お酢、梅干、ほうれん草をはじめとした野菜や果物、魚、ポリフェノールを含んだ食品などが良いといわれています。 一般的に脂肪の多い食事、不規則な生活、暴飲暴食、過度のストレスや運動不足も、血液ドロドロを招くそうです。

30歳を過ぎたら健康管理をしましょう

血液サラサラを目指すのは、自分の健康のためであることは言うまでもありませんが、具体的には30歳を過ぎたあたりから気をつけるのが良いのではないでしょうか。 まだ大丈夫とついつい自己管理を怠ってしまうものですが、あまり見過ごして過ごすと後で痛い目に遭いかねません。そのときに命が惜しいと言っても遅いのですから、やはり気をつけて過ごした方が良いのではないでしょうか。 一方でまったく食事に気を使わずに100歳近くまで生きる人もおりますし、気を使っていても若くして亡くなられる方もいらっしゃいます。それはもう遺伝的なものと考えるしかないのでしょうが、一般的にはストレスにならない程度には気にした方が健康的と言えるでしょう。